長期インターンのメリットデメリットが分かる体験談!!実際に複数の長期インターンに参加した経験談をお話しします。

2020年11月27日

インターン体験談

こんにちは、Ryuseiです。
今日は自分のこれまでやってきた長期インターンについて詳しくお話していこうと思います。

これから長期インターンを始めたいよという方や、長期インターンって何やるの?と気になっている方の参考になればいいなと思います!

それでは早速いってみます。

長期インターン1:経理

僕の人生で初めての長期インターンは大学2年生の春です。
株式会社epocという会社で経理を12月まで勤めました。

これを始めたきっかけはすごく単純で、高校で簿記をやっていたからという理由です。笑
どうせなら簿記を実践で使ってみたいという好奇心と、授業との兼ね合いでちゃんとしたインターンに通うことができなかったのでこのインターンにすることにしました。

決して将来経理をやりたいからこのインターンを選んだというわけではないです。

条件としては週2以上ということだけでしたので、全休1日と午前中のみ授業の日を使って通っていました。

初めてオフィスで働くということもあり、気分が高まったことを覚えています。
なんせ南青山ですからね、地方から出てきた自分としてはもうそれだけでアゲアゲでした笑

業務内容は、仕訳と入力作業がメインで時間が余れば雑務などです。

このインターンをしてよかったと思ったのが、やっぱ実務で簿記を使えた事ですね。
やっぱ勉強したことを実践してみる事は大切です。

あとは会計事務所の方から直々にソフトの使い方や仕訳の仕方が聞けたことですね。
会計事務所に出向してそこで作業する事が多く、会計士の方から色々聞けたのはいい経験でした。

ここで得た情報として、会計事務所は結構アルバイトを募集している事があるので、もし税理士や会計士を目指している方で最低限バイトをしたいという方は会計事務所でするのがオススメです!

また、将来経理や事務系の仕事に就きたいという方はもちろん経理のインターンオススメです!
その気がなくても簿記を勉強したかったり、自分みたいに簿記を実践で使ってみたいという方もです!

このインターンは年末と同時に終了することにしました。

長期インターン2:営業

2つ目のインターンとして営業を選びました。
これは株式会社ビズリンクというSESの会社です。

SESというのはシステムエンジニアリングサービスといって、これをメインで行なっている会社なので簡単にいうとエンジニアの人材会社のようなものです!
自社プラットフォームで抱えているフリーランスエンジニアとエンジニアを欲している企業をつなぐという仕事です。
大きいところでいうとレバテックのような感じです。

ここで自分がしたのが主にアポ取りです。
電話やメールを使ってアポを獲得するというのが自分の仕事でした。

ここで働いてよかったのが、ひたすらテレアポをやった事でメンタルが鍛えられたことです。
実際にテレアポをしてみると、「わざわざそんな対応しなくて良くない?」と思う酷い対応がよくあります。まだこちらがほとんど要件を伝えてないのにですよ笑
世の中にはいろんな人がいるんだなーと感じました。

そんな中でもどうしたらアポをたくさん取れるかなどを考え、ひたすらやった事で1日で12件のアポを獲得し、当時の1日のアポ獲得件数のトップを更新する事ができました。
もうこの時はアポとりマシーンと化していましたね笑

1日の出勤時間は7時間で、出勤時は毎回80件近く電話をかけていました。
きつ!って思うかもしれませんが、結構慣れます笑

ただ当初の予定では、アポを一定数取ればその後は社員と同等で働けると伝えられていたのですが、どうもそれはインターンの身分では難しいらしく、、
3日でクリアしたんですけどね笑
永遠にテレアポをするインターンに飽きが生じてきたので2ヶ月で辞めることにしました。

当初聞いていた話と業務内容が大きく異なるため辞めるというのは正当だと思いますし、先輩達も賛同してくれました。

あなたも始めたインターンが当初聞いていたものとは違うという場合はズルズル続けずパッとやめる事をオススメします。

長期インターン3:営業、動画編集

そして3つ目のインターンが現在も続けているGunosyでの長期インターンです。

ここでは動画の新規事業部を営業、動画、企画と幅広くやらせていただいています。

ここの動画というのはYouTubeで流れてくる広告のようなものです!
広告を載せる媒体がYouTubeではなくてGunosyというだけです。

このインターンはまだ始まったばかりなのでネタが出来次第更新していきたいと思います!

シフト形態

Left Caption

怠惰なマンボウ

長期インターンのシフトってどうやって決めてるの?

そこ気になる方多いかと思いますが、長期インターンのシフトはかなり自由なことが多いです。企業にもよるかもしれませんが、自分の経験してきたインターン先では非常に自由でした。

自由というのは、自分で出勤時間と退勤時間が決められる事や帰省等の長期的な休みを取る事も可能という事です。

シフトの決め方としては上司と相談して2週間ごとにシフトをGoogleカレンダーに入力したり、共有のスプレッドシートに入力していくという形がありました。

まとめ

僕はこんな感じで2年からインターンをやり続けています。
長期インターンは参加してみないとどのような事をやるのか分からず不安になると思うので、参考にしていただけたら光栄です。

随時更新していくのでお楽しみに!